読上君

 

スマホにテキスト(文字データ)を読ませるアプリです。

 

繰り返し読まされる文(カルタや物語、セリフ練習など)や

「門前の小僧」式に耳で覚える英語や歴史の学習などに使えます。

サンプルデータとして「鶴の恩返し」、「葛飾郷土カルタ」、「中学基本英文(一部)」、「中学日本史年表(江戸・明治)」を収録していますので、実際に聞いてみてください。

 

<特徴>

  • 行ごとに管理するので各行で言語や声色を変えられます。
  • 行間の間(無音時間)を変えられます。
  • テキストファイルからデータを取り込めます。
  • コピペでもデータをまとめて取り込めます。
  • 行をシャッフルすることができます。
  • 括弧 [  ] でその部分を無音にできます。
    (誤読を修正するためにひらがなに変更するとき元の漢字表記を [ ] で括って残すことができます(重要))


操作説明目次


<補足>
・スマホの「Text to speech」と言う機能により合成音声で再生します。
 「Text to speech」アプリには、
   Googleの「Googleテキスト読み上げ」
   KDDIの「N2 TTS」
 など複数存在します。
 (初期登録してあるサンプルデータは、「Googleテキスト読み上げ」で再生するこ
 
とを前提としています。他の「Text to speech」アプリでも再生は可能ですが、辞
 
書の違いによる誤読したり、声色が変な場合があります。)
・日本語と英語以外も再生できる「Text to speech」アプリを使用していても本ア
 
プリでは、日本語と英語以外を選択することはできません。また、声を複数インス
 
トールできる「Text to speech」アプリがありますが、本アプリでは、デフォルトの声
 
のみ使用できます。
・言語の切り替え時間は、「Text to speech」アプリに依存します。「Googleテキ
 
スト読み上げ」の切り替えは遅いです。
・基本的に言葉のイントネーションの調整は行えません。

<補足>

  • スマホの「Text to speech」と言う機能により合成音声で再生します
    「Text to speech」アプリには、
      Googleの「Googleテキスト読み上げ」
      KDDIの「N2 TTS」
    など複数存在します。
  • 初期登録してあるサンプルデータは、「Googleテキスト読み上げ」で再生することを前提としています。他の「Text to speech」アプリでも再生は可能ですが、辞書の違いによる誤読したり、声色が変な場合があります。)
  • 日本語と英語以外も再生できる「Text to speech」アプリを使用していても本アプリでは、日本語と英語以外を選択することはできません。また、声を複数インストールできる「Text to speech」アプリがありますが、本アプリでは、デフォルトの声のみ使用できます。
  • 言語の切り替え時間は、「Text to speech」アプリに依存します。「Googleテキスト読み上げ」の切り替えは遅いです。
  • 基本的に言葉のイントネーションの調整は行えません。